2016年8月18日 (木)

こんにちは!

ユヒーロでウェブマーケティング関連を担当している嶋田です。

数回にわたって、Neil Patel氏のブログより、興味深い記事をピックアップして、

こちらでご紹介していきたいと思います。

B7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

今回は2015年12月31日に執筆された
「新しいウェブサイトを即座にGoogleにインデックスさせる方法」の
Step 1~Step 11のうち、Step 4~Step 8までをご紹介します。

Step 1~Step 3は以下の内容でした。

(前回の記事参照:
新しいウェブサイトを即座にGoogleにインデックスさせる方法 by Neil Patel~Pert.1

Step 1、検索エンジンの機能を理解する

Step 2、ブログを追加する

Step 3、「Robots.txt 」を使う

では、続きを見ていきましょう。

【About Neil Patel】

The Wall Street Journal calls him a top influencer on the web, Forbes says he is one of the top 10 marketers, and Entrepreneur Magazine says he created one of the 100 most brilliant companies. He was recognized as a top 100 entrepreneur under the age of 30 by President Obama and a top 100 entrepreneur under the age of 35 by the United Nations.

「新しいウェブサイトを即座にGoogleにインデックスさせる方法 by Neil Patel」

(原文参照サイト:「How to Get Google to Instantly Index Your New Website」

http://neilpatel.com/2015/12/31/how-to-get-google-to-instantly-index-your-new-website/

チャートシートhttp://neilpatel.com/wp-content/uploads/2016/01/139-How-to-Get-Google-to-Instantly-Index-Your-New-Website.pdf

より)



---ここから---



Step 4:コンテンツ戦略を作成する

  • コンテンツ戦略を作成する際に、複雑にしたり難しくしたりする必要はありません。
    単純に、フレームワークに従ってください。

  • あなたのゴールは、何ですか?
    洗練されたゴールと進捗を測る方法(すなわち、測定基準)を定めてください。

  • あなたのターゲットオーディエンスは、誰ですか?
    顧客プロファイルとペルソナは、ユーザーが何を欲し、
    必要としているのかを理解するのに不可欠です。

  • どういったコンテンツを作成していますか?
    ここではまた、あなたのターゲットオーディエンスが、
    最も見たいと思うコンテンツの種類を提供しているかどうかを確認しましょう。

  • どこで公開されていますか?
    当然、新しいサイトで自身のコンテンツを管理しておられるでしょう。
    しかし、あなたは他のサイトに接触したり、プラットホーム
    (例えばYouTube、LinkedInとSlideshare)を利用したりも、するかもしれません。

  • コンテンツを公開する頻度は?
    優れたライティングで品質の高いコンテンツを週に一回、
    コンスタントに公開する方が、一週間べったり毎日公開した後、
    一か月間何も出さない、よりもはるかに効果があります。

  • コンテンツ公開には、どのシステムを採用しますか?
    システムは基本的に、継続可能なルーティンで、
    複雑なタスクをこなすための踏み台のようなものです。
    システムを利用することで、あなたは時間を節約して
    コンテンツを作成することができるので、常にオンスケでいることができます。
    そして、品質を犠牲にせずに短時間でコンテンツを公開する事ができるので、
    ボトムラインの改善になるでしょう。
    使いやすく、システムに合ったブログやコンテンツ作成ツールと、
    テクノロジーを採用しましょう。

  • 一旦、コンテンツマーケティング計画を文書化しておけば、
    一貫したスケジュールでコンテンツを公開することがより簡単になります。
    そしてサイトの新しいページは、より速くインデックスを付けられるでしょう。




Step 5:サイトマップを作成し、送信する

  • サイトマップを使えば、あなたの素晴らしいコンテンツが
    クロールされインデックスされます。
    そして、Googleのウェブマスターのブログによれば、より迅速に
    検索結果画面の上部に上昇させることができます。

  • Googleによれば、
    「サイトマップを送信すると、GoogleがあなたのサイトのURLを
    認知しているかどうか確認するのに役立ちます。」
    とのことです。

  • あなたのサイトがすぐにインデックス付けされるという保証はありますか?
    いいえ。サイトマップは間違いなく、そのプロセスに役立つ効果的なツールです。

  • あなたがWordPressを使っているならば:
    シンプルにGoogle XML Sitemapsプラグインをインストールして、使用してください。

  • Google XML Sitemapsの設定では、サイトマップが作成、更新、
    および検索エンジンに送信される頻度で、プラグインに指示することができます。

  • 方法を自動化することもできます。
    そうすれば、あなたが新しいページを公開する時にサイトマップも更新され、
    自動的に送信されます。

  • 他に使用できるサイトマップ・ツールとして、XML Sitemaps Generatorという
    オンラインツールがあります。
    これは「ハンズオン」アプローチをさせる全てのタイプのウェブサイト、
    ウェブマスターツール(現:Google Search Console)で動作するでしょう。

  • Googleウェブマスターツールを使用するには、
    右の「プロパティを追加」ボタンをクリックしてウェブマスターツールに
    新しいサイトのURLを追加し、Googleアカウントにログインします。

  • そして、ポップアップボックスに、新しいサイトのURLを入力し、
    「続ける」ボタンをクリックします。

  • Googleの確認用HTMLファイルを加えるようにという、
    Googleの指示に従ってください。
    新しいサイトとAnalyticsアカウントまたはGoogleの主要なオプションの
    どちらかを連携してください。

→詳しくはサーチコンソールのヘルプページをご確認ください。(https://support.google.com/webmasters/answer/4559176?hl=ja




Step 6:Google Analyticsをインストールする

  • Google Analyticsをインストールすることで、Googleに注意喚起を与え、
    あなたのサイトがあることを検索エンジンに知らせることができます。
    それは順に、クロールやインデックス作成プロセスのトリガーになります。

  • そうすると、Googleアナリティクスによって、目標を設定して
    コンバージョンを計測するという感じで、より高度な戦術に移ることができるでしょう。




Step 7:検索エンジンにウェブサイトのURLを送信する

  • また、直接のアプローチをすることもできます。
    サイトURLを検索エンジンに送信することができます。

  • さて、あなたがこれを行う前に、サイトのインデックスを得るための方法として、
    サイトのURLの送信については多くの意見の相違があることを知っておきましょう。

  • GoogleにサイトのURLを送信するには、Googleアカウントにログインし、
    ウェブマスターツールのURLを送信するために進みます。
    あなたのURLを入力して、「私はロボットじゃない」ボックスをクリックし、
    「リクエストを送信」ボタンをクリックします。




Step 8:ソーシャルプロファイルを作成または更新する

  • 今や、堅牢なソーシャルメディアマーケティングプランは、
    SEOを助けることが明らかです。
    しかし、サイトのソーシャルプロファイルはあなたのサイトやブログへのリンクを
    追加する、別の場所をも与えてくれます。

  • TwitterのプロフィールやFacebookページ、
    LinkedInのプロフィールや会社ページ、Pinterestのプロフィール、
    YouTubeチャンネル、特にGoogle+のプロフィールまたはページ
    - これらのすべては、作成が容易であり、あなたのウェブサイトへの
    リンクを追加する理想的な場所です。

  • 何らかの理由で、あなたの新しいサイトやブログのためのプロファイルを
    ソーシャルサイト上に作成したくない場合は、代わりに自分の既存のプロファイルに
    新しいサイトのリンクを追加することができます。




---ここまで---

セオリーは、難しいことではなく、手間さえかければできることばかりですね。
ひとつひとつ、丁寧に対応しつつ、検索順位の動向をチェックし、トライしていきましょう。

次回は最後の3要素をご紹介いたします!

9、新しいウェブサイトのリンクを共有する

10、RSSフィードを設定する

11、ブログディレクトリに格納する




サイトのコンバージョン導線の最適化やユーザビリティの向上を
目指したいが、ノウハウがない、リソースが足りないなどのご相談は、
ユヒーロのマーケティングチームにお気軽にご相談ください。

○ユヒーロ マーケティングサービスサイト
 http://www.web-marketing.services/index.html


以上、少しでも運用のご参考になれば幸いです。

2016年6月16日 (木)

こんにちは!
最近、職場環境がガラリと変わり、毎日が学びの連続なジャニスです。
そんな私、今回は初心に帰ってユーザビリティ入門とし、
サイトのユーザビリティに関するヤコブ・ニールセン氏の記事をご紹介します。

251322

元の記事は、ユーザビリティの基本を
  • What:ユーザビリティとは?
  • Why:何故、大事なの?
  • How:どうやって改善するの?
  • When:いつ、取り組むの?
  • Where:どこでテストするの?
の4W1Hで紹介していますが、今回ご紹介するのは、
「What:ユーザビリティとは?」の部分になります。
元の記事:
【About Jakob Nielsen】
Jakob Nielsen, Ph.D., is a User Advocate and principal 

of the Nielsen Norman Group which he co-founded 
with Dr. Donald A. Norman (former VP of research at Apple Computer). 
Dr. Nielsen established the "discount usability engineering" movement 
for fast and cheap improvements of user interfaces and 
has invented several usability methods, including heuristic evaluation. 
He holds 79 United States patents, mainly on ways of making 
the Internet easier to use.
https://www.nngroup.com/people/jakob-nielsen/
===ここから===

What -ユーザビリティとは?

ユーザビリティとは、サイトなどが利用に当たってどの程度簡単か調べるものです。
「ユーザビリティ」という単語は、デザインのあらゆる過程で言及されます。
ユーザビリティは次の5つの要素で定義されます。
  • ラーナビリティ(学習可能性):
    初めて訪れたユーザーが、目的を達成するのがどのくらい簡単か

  • エフィシェンシー(能率):
    2回目以降に訪れたユーザーがどのくらい早く目的を果たせるか

  • メモラビリティ(印象の強さ):
    一度離脱したユーザーが戻ってきた際、どのくらい簡単にやり方を思い出せるか

  • エラー:
    ユーザーがいくつのエラーを出すか、そのエラーがどのくらい深刻か、
    そしてそのエラーからの復旧がどのくらい簡単か

  • 満足度:どのくらい親切で心地よいか
使いやすさには、他にも重要な判定基準があります。
その中の重要な一つに「ユーティリティ(実用性)」がありますが、
これはデザインの機能性に言及します。
(飽くまで「ユーザーが必要としているか」という観点になります。)
ユーザビリティとユーティリティは同じく重要で、
どちらも使いやすさを決定づける要素です。
(ユーザーが使いやすさを必要としていないならば、それは重要ではないですが)

仮にシステムが使いやすさを補えるのなら、やはりそれは考える必要が無いでしょう。
しかし、ユーザーインターフェースはそれほど簡単な問題ではありません。
デザインのユーティリティを学ぶ事で、ユーザビリティを向上させる
普遍的な方法論を活用できるようになるでしょう。
  • ユーティリティの定義:
    求める機能を提供しているかどうか

  • ユーザビリティの定義:
    いかに簡単に心地良く機能を使えるか

  • 便利さの定義:
    ユーザビリティ+ユーティリティ
===ここまで===
ユーザビリティの重要なポイントとして、ユーザーが想定された行動を取るのに、
以下にストレスが少ないか、という事があると思います。
そんなユーザビリティが何故大事なのか、次回の記事でご紹介しようと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

当社のサービスをご紹介致します
http://www.web-marketing.services/index.html

ウェブマーケティング厳選3資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html


執筆者プロフィール

【名前】
ジャニス

【経歴】
現在1児を育てながら、手探りでウェブマーケティングを担当しています。
子の親になって大酒飲みが治ったと思ったら、最近また復活の兆しが・・・(^^;
2016年は心を入れ替えて、もう少し全うな大人を目指しています

【性格】 
調子に乗りやすく面倒くさがりですが、基本的には嫌とは言えない、日本人に多いタイプだと思っています。 

【趣味】 
高校から、何とオーケストラでチェロを弾いています。

2016年5月17日 (火)

こんにちは!

ユヒーロでウェブマーケティング関連を担当している嶋田です。

数回にわたって、Neil Patel氏のブログより、興味深い記事をピックアップして、
こちらでご紹介していきたいと思います。

B7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

今回は2015年12月19日に執筆された
「新しいウェブサイトを即座にGoogleにインデックスさせる方法」の
Step 1~Step 11のうち、Step 3までをご紹介します。

【About Neil Patel】

The Wall Street Journal calls him a top influencer on the web, Forbes says he is one of the top 10 marketers, and Entrepreneur Magazine says he created one of the 100 most brilliant companies. He was recognized as a top 100 entrepreneur under the age of 30 by President Obama and a top 100 entrepreneur under the age of 35 by the United Nations.

「新しいウェブサイトを即座にGoogleにインデックスさせる方法 by Neil Patel」

(原文参照サイト:「How to Get Google to Instantly Index Your New Website」

http://neilpatel.com/2015/12/31/how-to-get-google-to-instantly-index-your-new-website/

チャートシートhttp://neilpatel.com/wp-content/uploads/2016/01/139-How-to-Get-Google-to-Instantly-Index-Your-New-Website.pdf

より)



---ここから---

自然検索からの流入をもっと増やしたいですか?
「YES」なのは間違いないでしょう。みんなそうですよね!

自然検索流入は、絶対に重要です。

実際、「Conductor.com.」によれば、流入量を比較すると、
ソーシャルからは平均的に5%ほどであるのに対し、
自然検索からの流入は半数以上で、最高64%です。
(Organic Search Is Actually Responsible for 64% of Your Web Traffic (Thought Experiment)
参照:http://www.conductor.com/blog/2014/07/organic-search-actually-responsible-64-web-traffic/

しかし、あなたのサイトがまったく検索結果に現れないならば、
その統計は関係ないでしょう。

では、どのようにすれば新しいサイトやブログがGoogleやBing、
その他の検索エンジンにインデックスされるでしょうか?

そう、我々には2つの選択肢があります。

ひとつは、「カメ」アプローチをすることです。
・・・ちょっと落ち着いて、自然にインデックスされるのを待ってくださいw。

二つ目は、少し努力を費やして、今、インデックスさせます。

コンバージョン率を上げるために、時間とエネルギーを使ってください。

あなたの「ソーシャルシグナル」を改善します。

(そしてもちろん、その間も続けて素晴らしい、役に立つコンテンツを書き進めてください。)

私はあなたの事を知りません。

しかし、インデックスされるということは、私とユーザーとの関係を構築する
より多くの時間を与えられるということなので、私は、サイトにできるだけ速く
インデックスを付けてもらいたいです。

(以下チャートシート参照http://neilpatel.com/wp-content/uploads/2016/01/139-How-to-Get-Google-to-Instantly-Index-Your-New-Website.pdf )

Step 1:検索エンジンがどのように機能するかについて理解してください

Googleのような検索エンジンは、スパイダーという、各検索エンジンが
ウェブをクロールするために送出している、コンピュータコードの
小さなビットを利用しています。(スパイダーという名前はこれに由来します)

スパイダーの仕事は、ウェブ上で「新しいも」のを探して、
サイトの内容を把握することです。

その「新しいもの」は、既存のサイト(既存のウェブ・ページの更新)、
または、まったく新しいサイトまたはブログの新しいページです。

スパイダーが新しいサイトやページを発見すると、そのサイトやページが
何に関するものなのかを把握しなければいけません。

ところで、まず第一に、検索エンジンスパイダーは、どのように新しいコンテンツ
(ページ、サイト、更新されたページ)を見つけるのでしょうか?

    • まず、スパイダーはすでに以前のクロール・セッションで
      インデックス化されたページから順番にクロールを始めます。
    • 次に、それは(少し経ったら)サイトマップのデータに追加されます。
    • 最後に、新しいページを発見したら、クロール活動に利用するために、
      そのページに貼られたリンクを、クロール予定リストに追加します。

もしあなたが、最近新しいサイトを公開したならば、まずはじめに
Googleが新サイトを見つけたかどうかを確認したいでしょう。

 

最も簡単なチェック方法はGoogle検索窓で
「site:domain.com(調べたいドメイン)」と検索します。

もしもGoogleがあなたのサイトを知っていて、クロール済みだったとしたら、
Google検索結果で結果のリストがみられます。

まだGoogleに見つけられていなければ、検索結果に出てきません。



Step 2:ブログの追加

とてもシンプルです。ブログは働き物のSEOマシンです。
ブログコンテンツは静的ページよりもより早くクロールされ、
インデックスされます。

またブログは、流入量をより増加させます。

HubSpotの報告によれば、定期的にブログに書く企業は
そうしないものより55%多くの彼らのサイトへの訪問客を生み出します。
(HubSpotの報告 参照:http://blog.hubspot.com/blog/tabid/6307/bid/5014/Study-Shows-Business-Blogging-Leads-to-55-More-Website-Visitors.aspx)

ブログは、産業、ニッチ、BtoCやeコマースサイトのような様々な
ビジネスモデルの、全ての種類のビジネスに有効です。

たとえば、オンラインで買い物をしたユーザーの61%が、
実際にブロガーの推薦した物を購入していました。
(How to Develop a Solid Blog Outreach Strategyよりhttps://www.quicksprout.com/2014/05/09/how-to-develop-a-solid-blog-outreach-strategy/)

ブログに力を入れるのを恐れないでください。
はい、もちろんそれは、一貫した努力を必要とします。
あなたは、定期的に高品質の、徹底的なブログを
書か(または外注化する)なければなりません。

しかし、リターンを考えると絶対にやる価値があります。

もしもeコマースサイトを持っているなら、ブログは複雑で
小難しいものである必要はまったくありません。

Step 3:「Robots.txt 」を使う

おそらくご存じでしょうが、重複するコンテンツはSEOにとって
問題になる可能性があります。

解決方法のひとつとしては、検索エンジンに対して、
基本的に複数ファイルを無視するように指示する
robots.txtファイルを使用することです。

まずは、あなたの新しいサイトにはrobots.txtファイルが
あるかどうか見てチェックしてください。

FTPもしくはCPanel(またはもしあなたのホスティング会社が
CPanelを使わないならば、それ相当のもの)経由のファイルマネージャーを
クリックすることによって実行できます。

もしもそれらが無い場合は、Notepadのような極めてシンプルな
プレーンテキストエディターを使用してください。

(注)プレーンテキストエディターを使用することがとても重要です。
WordやWordPadのような物は適していません。
それらは見えないコードを勝手に挿入し、あなたのドキュメントを
駄目にしてしまいます。

WordPressのブロガーは、Yoast SEOプラグインのような信頼性のある
プラグインを使用することにより、比較的簡単に、自分のrobots.txtファイルを
最適化することができます。

robots.txtファイルのフォーマットは、かなり単純です。

最初の列は通常ユーザーエージェントを挙げます。
例えば、GooglebotまたはBingbotのような、検索ロボットの名前です。
また、すべてのロボットを網羅するために、ワイルドカード識別子として、
アスタリスク(*)を使うこともできます。

次に来るのは、検索エンジンの「許可」または「許可しない」コマンドの文字列で、
具体的に検索エンジンに、あなたがクロールされインデックスしてほしい
ドメインの一部なのか、無視すべきものなのかを伝えます。

要するに、robots.txtの機能とは、サイト上のコンテンツ/ページを
どうするかを検索エンジンに伝えることです。

しかし、それは、あなたのサイトにインデックスを付けさせるのに
役立つのでしょうか?

ShoutDreams MediaのHarsh Agrawalはイエスと答えます。
彼はrobots.txtのオンページSEOの技術を含む戦略、
の組み合わせを使用して、24時間以内にインデックス付けのサイトを
取得することができました。



---ここまで---

自然検索結果の順位を上げる・・・悩ましいですよね。。。

サイト構成やページをきちんと作っていても、なかなか思うようには、、
と頭を悩ませますが、着手できることからひとつひとつ対応するしか
ないのかもしれないですね。

1、検索エンジンの機能を理解する
2、ブログを追加する
3、「Robots.txt 」を使う

今回は上記までをご紹介しましたが、4~11は以下のような
項目となっています。
ご興味があれば、次回以降もご覧くださいませ。

4、コンテンツ戦略を作成する
5、サイトマップを作成し、送信する
6、Google Analyticsをインストールする
7、検索エンジンにウェブサイトのURLを送信する
8、ソーシャルプロファイルを作成、または更新する
9、新しいウェブサイトのリンクを共有する
10、RSSフィードを設定する
11、ブログディレクトリに格納する



サイトのコンバージョン導線の最適化やユーザビリティの向上を
目指したいが、ノウハウがない、リソースが足りないなどのご相談は、
ユヒーロのマーケティングチームにお気軽にご相談ください。

○ユヒーロ マーケティングサービスサイト
 http://www.web-marketing.services/index.html


以上、少しでも運用のご参考になれば幸いです。

2016年4月28日 (木)

こんにちは、ジャニスです!

ウェブ上のコンテンツを「読んでもらう」ためには、
何をすれば良いのか・・・

ウェブサイトの文章を読みやすくする工夫として、
ヤコブ・ニールセン氏の記事を翻訳してお伝えしています。

最終回となる今回は、判別性・可読性・理解しやすさの3要素の内、
理解しやすさの部分と、まとめの部分をご紹介します。

本シリーズの過去の記事はこちらをご覧ください。
【第1回】判別性の確認と確保の方法~コンテンツを読みやすくする工夫
【第2回】可読性の確認と確保の方法~コンテンツを読みやすくする工夫

Jakob_1

元の記事:「判別性・可読性・理解しやすさ:コンテンツを読みやすくする工夫」
(Legibility, Readability, and Comprehension: Making Users Read Your Words
https://www.nngroup.com/articles/legibility-readability-comprehension/
より)

【About Jakob Nielsen】
Jakob Nielsen, Ph.D., is a User Advocate and principal 

of the Nielsen Norman Group which he co-founded 
with Dr. Donald A. Norman (former VP of research at Apple Computer). 
Dr. Nielsen established the "discount usability engineering" movement 
for fast and cheap improvements of user interfaces and 
has invented several usability methods, including heuristic evaluation. 
He holds 79 United States patents, mainly on ways of making 
the Internet easier to use.
https://www.nngroup.com/people/jakob-nielsen/

===ここから===

理解しやすさ

定義:

理解しやすさは、読者が文章の意図を理解し、正しい結論を
導き出すことが出来るかどうかで測られます。

取扱説明書や、行動を促すコンテンツの場合は特に、
それを読めば必ず、正しく実行できることが求められます。

理解しやすさの主要なガイドライン:

  • 対象とする読者の母国語を使用しましょう:
    読者にとって慣れ親しんだ言葉は理解を助けてくれます。

  • 読者層が特に限定される場合(B2B、学術分野、趣味など)には、
    一般的には難しくて可読性が下がるようでも、
    その分野に特化した専門用語を使いましょう。

  • 逆ピラミッド型の文章を意識しましょう:
    要点のまとめ、または概要から始めましょう。
    概要を掴んでいれば、詳細に関心を持ちやすくなります。

  • 長い文章を読む際に、ある情報を記憶しながら
    読み進めなければいけない場面を減らし、認知的負荷を最小限にしましょう。

  • 絵、または概念を示す図は、大量の言葉よりも
    物事を良く説明してくれる事があります。

  • 簡潔に。
    言葉が少ない方がより、相手はあなたの言いたい事を
    理解しようと努めるでしょう。

  • モバイルユーザがあなたのコンテンツに興味を持ったならば、
    更に簡潔さが重要です。
    画面が小さいほど理解しやすさを阻害します。
    一目で見られる文脈が少なく、上に戻って読むのに手間がかかるためです。

~ウェブコンテンツの理解しやすさを確認する方法に関して、
元の記事ではアメリカでの標準的なユーザーテストが紹介されていますが、
英語と日本語では評価ポイントが大きく異なる部分があるので、
テストの方法の項目は中略致します~

まとめ

コンテンツのユーザビリティ:3つの要素を超えて

この記事で紹介した3つの基準を満たせば素晴らしいコンテンツが
出来るかと言うと、そうではありません。
ここに書いた基準は必要最低限の事で、必要充分ではないのです。

なぜなら、読者が理解できる文章を用意したとしても、
そもそもそれが全て読まれないからです。

多くの人は、ウェブページに訪れても全ての文章をじっくりとは読みません。
ウェブ上には、読まずにざっと目を通すだけで役立てる事の出来る
非常に多くの情報があります。

それでも、読者が興味を持っている時には特に、
そのコンテンツをじっくりと読むでしょう。

大事なポイントは、読者の心を早いタイミングで掴む事です。
読者はとても離脱しやすいので、その前に彼らの興味を引きましょう。

素早い訴求に、見出しは特に重要です。
そして、始めの数単語もとても重要で、コンテンツに目を通す流れを作ります。

このように、3つの要素に加えて以下の事をやってみましょう:

  • ウェブサイトのユーザがどのように読むかを意識しましょう:
    明確な見出しと目を通しやすいレイアウトが重要です

  • 「あなたが発信したい情報」ではなく、
    「読者が興味を持っている情報」を集中的に載せましょう。

  • ページの先頭で、その内容が本当に面白くて意味のあるものであると、
    読者に伝えてください。

===ここまで===

今回は、簡潔さや単語の種類、レイアウトなど、コンテンツ作り全般に通じる
内容だったと思います。

私自身、この記事を書く時にとても参考になりました!
(それが皆さまにも実感頂ける事がとても重要なのですが・・・coldsweats01

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


当社のサービスをご紹介致します
http://www.web-marketing.services/index.html

ウェブマーケティング厳選3資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html


執筆者プロフィール

【名前】
ジャニス

【経歴】
現在1児を育てながら、手探りでウェブマーケティングを担当しています。
子の親になって大酒飲みが治ったと思ったら、最近また復活の兆しが・・・(^^;
2016年は心を入れ替えて、もう少し全うな大人を目指しています

【性格】 
調子に乗りやすく面倒くさがりですが、基本的には嫌とは言えない、日本人に多いタイプだと思っています。 

【趣味】 
高校から、何とオーケストラでチェロを弾いています。

2016年3月31日 (木)

こんにちは!

ユヒーロでウェブマーケティング関連を担当している嶋田です。

数回にわたって、Neil Patel氏のブログより、興味深い記事をピックアップして、
こちらでご紹介していきたいと思います。

B7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

今回は2015年12月19日に執筆された
「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何だ?」
の1.~6.のうち、4.~6.をご紹介します。

前回の記事はこちら
ランディングページのコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何??
by Neil Patel~Pert.1
http://blog.uhero.jp/fae/2016/02/by-neil-patelpe-02a5.html

ランディングページのコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何??
by Neil Patel~Pert.2
http://blog.uhero.jp/fae/2016/03/by-neil-patelpe-47c7.html



【About Neil Patel】

The Wall Street Journal calls him a top influencer on the web, Forbes says he is one of the top 10 marketers, and Entrepreneur Magazine says he created one of the 100 most brilliant companies. He was recognized as a top 100 entrepreneur under the age of 30 by President Obama and a top 100 entrepreneur under the age of 35 by the United Nations.

「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何だ? by Neil Patel」

(原文参照サイト:「Which Elements Should You Test When You Have Poor Landing Page Conversions?」

http://neilpatel.com/2015/12/19/which-elements-should-you-test-when-you-have-poor-landing-page-conversions/

チャートシートhttp://neilpatel.com/wp-content/uploads/2015/12/135-Which-Elements-Should-You-Test-When-You-Have-Poor-Landing-Page-Conversions.pdf

より)

【前回まで】

ランディングページのコンバージョンが残念な結果につながりかねない
「6つの要素」の1つ目は「ランディングページのスピード」、
2つ目は「ランディングページの見出し」、3つ目は「Call to action(行動喚起)」でした。

---ここから---

4.社会的信用

  • ランディングページには常に信用できる証拠を表示してください。
    なぜなら、信頼性なくして、あなたの商品が売れるということはないからです。
  • メルマガ購読についてのランディングページには、メルマガ購読者数や
    ソーシャルメディアのフォロワー、読者からの紹介文を表示することができます。
  • B2Bであるならば、製品ページに大きなブランドロゴを掲載しましょう。
  • ただし、どんな種類の社会的信用でも説得力があるというわけではありません。
  • あなたの製品/ウェブサイトに、業界の専門家(インフルエンサー)や
    セレブリティからのお墨付きがあれば、それは途方もなく売れます。
  • 勝者に追いつくまで、ランディングページの上で社会的信用に関して
    様々な種類のをテストしましょう。



5.ランディングページのトラフィック

  • トラフィックに関して運用する上で有用な戦略は、ユーザーを心に留めておくことです。
    例えば、仮にあなたの二つの主要な参照元がFacebookの広告と
    Googleアドワーズ広告だとします。
  • ならば今あなたは、それぞれ両方のプラットホームでテストをする必要があります。
    テストする事で初めて、最適な広告見出しやコピー、イメージ画像、
    異なる市場のセグメントに最も魅力があるCTA(行動喚起)が見つかるでしょう。
  • トラフィックをどのようにセグメントし、スマートな分析を行うかについて、
    ここに例示します。
    • Pay Per Click広告のトラフィック・・・
      ユーザーは何を探しているでしょうか?
      自然検索と比較してどのくらいの頻度でコンバートしていますか?
      どんな種類のイメージ画像が、コンバージョンの見込みを向上させていますか?
    • Eメールのトラフィック・・・
      メルマガのクリック率が良いなら、慎重にこのグループを分析してください。
      高い直帰率の原因を見つけてください。
      コンバージョンが増加しているEメールのクリック率に、
      コンテンツが連動しているかどうかを確認してください。
    • 自然検索トラフィック・・・
      自然検索トラフィックはさらに細分化することができます。
      トラフィックセグメントの分散はすべて独自の研究です。
      どのような検索キーワードでサイトに流入していますか?
      どの地域のユーザーですか?
      モバイルサイトまたはデスクトップのどちらにアクセスしていますか?

(中略)

  • CTRが低いのは、ターゲットに対して見当違いで魅力のない
    広告であるという警告サインです。気を配っておきましょう。
  • 広告の品質を改善したら、ランディングページへのクリックも期待できます。
  • Googleの広告からウェブサイトに来る人は、
    ほとんどが特定の問題への直接の解決策を探しています。
  • そして、Facebookの広告から来る人は、まだ課題の発見段階にあり、
    ニーズは不明瞭です。
  • つまり、市場セグメント特有のニーズをターゲットにした、
    それぞれ個別のランディングページを設計する必要があります。
  • しかし、これらの異なるバージョンが完全に違う物である必要はありません。
    ただ、ランディングページの見出し、コピー、CTAが、
    流入元の全体的な※1ルック・アンド・フィールと同じであること、
    文脈に合っていることを確認してください。
    ※1ルック・アンド・フィール:コンピュータの操作画面の見た目や操作感のこと。
    (IT用語辞典 e-wordより http://e-words.jp/
  • 既にあなたのウェブサイトにかなりのトラフィックがあるなら、
    データを分析し、レポーティングすることができます。
    そしてそのデータを使用したターゲティングを行います。
  • 同様にFacebookでも、Facebookインサイトツールを使用して、
    ファンの詳細を確認することができます。



6.ランディングページのデザイン

より具体的な設計のヒントを二つご紹介します。

1)CTA(行動喚起)を強調するために、明示的なDirectional Cues(方向性の手がかり)を使用します

・・・ランディングページの上で特定の要素に訪問客の注意をひくために、
あなたは矢印、線、視線とポインティングを使用することができます。

  • ランディングページを目立たせるためにまず明らかにやるべきことは、
    CTA(行動喚起)です。
    ですが、あなたの製品のUSP(Unique Selling Proposition)に
    焦点を当ててもよいでしょう。
  • また矢印は、わざとらしくなくユーザーの注意を引くための素晴らしい手段です。

2)かなり一般的なデザインテンプレートや、一般的なストックフォトを使用しないでください。

・・・もしあなたが、少なくとも10のウェブサイトを見た後に、
それらと同じデザインと陳腐なストックフォトを使った
新しいサイトに到着したとして、あなたはどう感じるのでしょうか?
そりゃあ面白いでしょうね。

  • もし、独特のブランド・アイデンティティを形作りたいならば、
    あなたは一層の努力をしなければなりません。
    そして、最も一般的なデザイン・テンプレートを使用するのはやめてください。
    あなたの目標は、彼らがあなたから買い、更に覚えてもらえるように、
    ユーザーを夢中にさせることです。



---ここまで---

ウェブサイトにおいて信用性というのは、非常に重要です。

しかし、信頼性を確保するには意識してサイト構築をする必要があります。

ユーザーの予測と違う動きをするというだけでも信用性が損なわれる可能性があります。

例えば、リンククリックで断りなく別のサイトに飛んでしまうとか、

お問い合わせや退会方法が分かりにくいとか、
会社概要になかなかたどり着けないような事があると、
私などは、なんとなく怪しいし、そんなサイトで買い物や契約はしたくないな・・
と思ってしまいます。

パテル氏の挙げているトラフィックやデザインについても同じことだと思いますが、
ユーザー目線でのサイト構築が必須なのですね。

データを分析して、ユーザーが今どこを向いているのか、
売り手の見てほしい方向を見てくれているのかなどを
日々確かめながら、より効率的に施策を繰り返して行けると良いですね。



サイトのコンバージョン導線の最適化やユーザビリティの向上を
目指したいが、ノウハウがない、リソースが足りないなどのご相談は、
ユヒーロのマーケティングチームにお気軽にご相談ください。

○ユヒーロ マーケティングサービスサイト
 http://www.web-marketing.services/index.html


以上、少しでも運用のご参考になれば幸いです。

2016年3月29日 (火)

こんにちは、ジャニスです。

文章のユーザビリティについて書かれたヤコブ・ニールセン氏の記事について、
今回は文章の可読性を取り上げたいと思います。

前回の記事はこちら
【第1回】判別性の確認と確保の方法~コンテンツを読みやすくする工夫

元の記事:

Legibility, Readability, and Comprehension: Making Users Read Your Words
https://www.nngroup.com/articles/legibility-readability-comprehension/

Jakob Nielsen, Ph.D., is a User Advocate and principal 
of the Nielsen Norman Group which he co-founded 
with Dr. Donald A. Norman (former VP of research at Apple Computer). 
Dr. Nielsen established the "discount usability engineering" movement 
for fast and cheap improvements of user interfaces and 
has invented several usability methods, including heuristic evaluation. 
He holds 79 United States patents, mainly on ways of making 
the Internet easier to use.
https://www.nngroup.com/people/jakob-nielsen/

Jakob_1

===ここから===

可読性

定義:

可読性はコンテンツを構成する単語と文の構成の複雑さを測ります。
この測定基準の背景には、複雑な文は単純な文よりも解読が難しいという
仮定があります。

可読性の報告は通常、簡単に文章を読める程度の
(正規の教育を受けた年数によって決まります)読解レベルを持つ事が
前提として求められます。
例えば、高校3年程度の読解力とは、高校卒業レベルで、
難なく文章を読解する事が出来るレベルです。

可読性を確保する主要なガイドライン:

  • 率直な単語を使用しましょう。短いほど良いです。
    装飾的な言葉や、造語は避けましょう。

  • 文は短くしましょう。複雑な文の組み立ては避けましょう。
    形容詞節や副詞節、文章の結合による重文は、
    特に読者の短期記憶に負担をかけます。

  • 能動態メインで書きましょう。
    (文の主要部分を先駆けて理解する事が出来れば、受動態を使う事も可能になります)

  • 幅広い読者を対象とするならば、中学2年生レベルの読解力で
    読める文章を目指しましょう。

  • 教養のある読者向け、もしくはB2Bの場合でも、その読解力レベルの
    少し下の水準の文章を目指しましょう。
    高校3年生レベルの文章は、大学のテキストとして理解しやすい基準になります。

  • 学校の教科書に例えるなら、その生徒の読解力のレベルが
    生徒の現在の学年とは違う事を、思い出してください。
    若い子供向け、10代向け、ミレニアル世代向けそれぞれに
    個別のデザイン・ガイドラインがあり、それは成熟したユーザ向けの
    主流のウェブサイトに求められる物とは違います。


可読性の確認:

可読性は、通常コンピュータによって判定されます。
ウェブ上には多くの可読性判定ツールがあり、一般的なものはMicrosoft Wordに
組み込まれています。
Word2013に入っているFlesch-Kincaid reading Levelは、綴り、文法を
判定してくれます。
(Wordのバージョンによっては、「ファイル>オプション>文章校正」から、
読みやすさの評価にチェックをする必要があります)

実はこれとは別に、「Fry Score」と呼ばれる判定方法があり、信頼性も高いですが、
どちらの方法によって可読性を評価するかは、あまり重要ではありません。

多くの可読性判定手法がありますが、その全てが主に単語と文の長さに注目します。
単語は長いほど一般的でなく、文は長いほど解読が難しくなるので、
この基準にも意味はあります。
しかし、その点は本質のいわば概算でしかなく、読者にとっては
あなたが使用する単語や文を理解する事が難しい事であると覚えておきましょう。
教育年数に応じたレベルに基づいた判定は、概算でしかありません。
読解力レベルが高校卒業程度の場合、高校卒業を満たす全ての要件を
充分に満たしている事が前提になります。
しかし多くの人は高校までに学ぶべき全てを習得せずに高校を卒業し、
「高校卒業程度」の読解力レベルの文章と戦わねばならないのです。

===ここまで===

今回は、可読性に関する部分をご紹介しました。
原文が英語なので、読解力レベルの基準や判定ツールに関しては、
英語を基準としていますので、日本語に適した判定ツールなどを模索して、
またご紹介できればと思います。

ただ、日本語、英語に限らず、「可読性」を上げる重要なポイントは、

単語はシンプルに、文は短く

ということになるかと思います。

もちろん、長さだけではありませんが、シンプルに伝えるのは実は難しいですね。

個人的な話で恐縮ですが、子供に話をする時には特に、
シンプルな表現が苦手な自分を痛感します。

また、能動的な表現を主に使用する事も苦手な私は、
つくづく回りくどい人間なのだと感じました。

これからは、この記事にあるポイントを日常生活にも活かしていきたいと思います。

お読みいただき、ありがとうございました!


当社のサービスをご紹介致します
http://www.web-marketing.services/index.html

ウェブマーケティング厳選3資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html


執筆者プロフィール

【名前】
ジャニス

【経歴】
現在1児を育てながら、手探りでウェブマーケティングを担当しています。
子の親になって大酒飲みが治ったと思ったら、最近また復活の兆しが・・・(^^;
2016年は心を入れ替えて、もう少し全うな大人を目指しています

【性格】 
調子に乗りやすく面倒くさがりですが、基本的には嫌とは言えない、日本人に多いタイプだと思っています。 

【趣味】 
高校から、何とオーケストラでチェロを弾いています。

2016年3月 4日 (金)

こんにちは!

ユヒーロでウェブマーケティング関連を担当している嶋田です。

数回にわたって、Neil Patel氏のブログより、興味深い記事をピックアップして、
こちらでご紹介していきたいと思います。

B7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

今回は2015年12月19日に執筆された「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何だ?」の1.~6.のうち、2.~3.をご紹介します。

前回の記事はこちら
ランディングページのコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何??by Neil Patel~Pert.1
http://blog.uhero.jp/fae/2016/02/by-neil-patelpe-02a5.html

【About Neil Patel】

The Wall Street Journal calls him a top influencer on the web, Forbes says he is one of the top 10 marketers, and Entrepreneur Magazine says he created one of the 100 most brilliant companies. He was recognized as a top 100 entrepreneur under the age of 30 by President Obama and a top 100 entrepreneur under the age of 35 by the United Nations.

「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何だ? by Neil Patel」

(原文参照サイト:「Which Elements Should You Test When You Have Poor Landing Page Conversions?」

http://neilpatel.com/2015/12/19/which-elements-should-you-test-when-you-have-poor-landing-page-conversions/

チャートシートhttp://neilpatel.com/wp-content/uploads/2015/12/135-Which-Elements-Should-You-Test-When-You-Have-Poor-Landing-Page-Conversions.pdf

より)

【前回】

ランディングページのコンバージョンが残念な結果につながりかねない
「6つの要素」の1つ目は「ランディングページのスピード」でした。

---ここから---

2.ランディングページの見出し

ところで、10~15単語の見出しを書くことは、どれくらい難しいでしょうか?
そして、あなたがやってしまいそうなミスは何ですか?

4つの例を見てみましょう。

1) 見出しが意味不明で、価値提案が欠如している:

製品の価値を伝えていないならば、訪問客はすぐさまBackボタンを打つことでしょう。

2)関連性が保持されていない:

あなたのPPC広告とランディングページの見出しの間に不一致があることを意味します。

広告をクリックした後のユーザーとのコミュニケーションの続きを見てみましょう。
ランディングページでユーザーの期待に応える事が難しいようであれば、
あなたは訪問客の信頼を失います。
彼らは、間違ってクリックをしたように感じます。

3)製品の価値を、ユーザーの言葉で伝えていない:

奮闘している小売業者を対象としている以下のランディングページを見てください。

(上図:見出し部分)新しい本は、小売業者の救出・救済策を明らかにします。

→満足できる行動喚起のクリック数を得るに足る魅力がありません。
このランディングページの見出しはどうなのよ?

(下図:見出し部分)あなたが、新鮮なアイデアと実績のある成長戦略を必要としている小売業者であるならば、この新しい本はあなたのためのものです!

→この第2のバージョンは、反応率を307%上昇させました。

4)見出しのサイズが、訪問者の注意をひけるような十分な大きさでないなら、見出しは誰も気が付かない無用の長物として横たわっていることでしょう。

    • また、見出しとページの可読性を向上させるために、先頭文字の大文字の指定し、見出しを中心に置き、引用符を入れ、色のコントラストを使ってみてください。
    • 強力な見出しを書くことに、いかほどか延長時間を費やす必要があります。
      それによってページ滞在時間を増加し、直帰率を減少させることができます。
      さらに、あなたが広告を掲載しているなら、Googleアドワーズ広告であなたの品質スコアが上がったり、クリック単価が下がるでしょう。

◎見出しをテストできるツールのご紹介 -

  • 最初のツールは、コンテンツマーケティング研究所の
    「Emotional Value Analyzer(http://www.aminstitute.com/headline/)」です。
    使用方法は以下です。

1)「Emotional Marketing Headline Analyzer(エモーショナルマーケティング見出し分析ツール)」にあなたの作成したタイトルを入力すれば、見出し文の分析を実行します。

2)EMVスコアがわかります。ツールが示すように50%以上が優れたスコアです。

1)見出しを記入し、「Analyze Now」ボタンをクリックしてください。

2)早速、見出しに使った単語の様々なグレードと一緒にスコアが提示されます。

注:上記のツールは共に、ブログ記事のタイトルをテストするために作成されました。
しかし、これらはブログ記事だけでなく、あなたサイトの見出しの魅力を測る目的も果たしてくれるでしょう。

  • ランディングページの第一印象をテストするためのもう一つの道具は、
    UsabilityHubによる「Five Second Test(http://fivesecondtest.com/)」です。
    あなたが作成したサイトのデザインをアップロードすることができて、
    あなたのトーン(調子)に関する一般的な意見を尋ねることができます。



3.Call to action(行動喚起)

貴重なCTAボタンについてもう少し、「すべきこととしてはいけないこと」集を見てください。

CTAには出来れば動作動詞があり、そして、明確な表現でなければならないでしょう(多分、メリットを含めた)
– ほんの2、3の語ですが、ボタンのコピーは、コンバージョンに大きな影響を与えます。

『資料請求』、『お気に入りに登録』、『詳しく見る』、『試す』やそれに類する動詞は、
読み手を勢いづかせます。
そして、ユーザー視点で書くことを強く推奨します。

他のページから卓越していることを確実にするために、CTAの色、サイズ、形で
遊んでみてください – 全ての状況に合う唯一のサイズや、色、形はありません。

あなたのボタンを形づくるヒントは、ここにあります。

    • 長方形形状
    • 明確な区画と境界を持っている
    • 周囲に空間がある
    • 色差が十分ある

ボタンはクリック数増加に貢献するようなボタンであるべきです。「ButtonOptimizer.com(http://buttonoptimizer.com/)」を使うと、様々な色のついたCTAボタンを作ることができます。

CTAは戦略的に置きます。長い形式のランディングページには、
複数のボタンを試してみてください。
まずはファーストビューに設定するのが良いでしょう。

---ここまで---

見出しやボタンのユーザビリティを向上させ、コンバージョンにつなげるためには、
基本的なセオリーを踏まえたうえで、それぞれのサイトに合わせて考え、色々試してみて、
最適解を見つけていきます。

仮説を立て、試し、分析し、答えを見つける。

PDCAを地道に繰り返しましょう、ということなのですね。
学問にもサイト改善にも王道なし!ですね♪

サイトのコンバージョン導線の最適化やユーザビリティの向上を
目指したいが、ノウハウがない、リソースが足りないなどのご相談は、
ユヒーロのマーケティングチームにお気軽にご相談ください。

○ユヒーロ マーケティングサービスサイト
 http://www.web-marketing.services/index.html


以上、少しでも運用のご参考になれば幸いです。


ブランド力や信頼性を高めるサイト作りとは・・・
リード獲得(資料請求・予約)型サイトをお持ちの企業様向けの勉強会を予定しております

Banner_benkyokai_on_2

 

ウェブマーケティング厳選3資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html


2016年3月 2日 (水)

こんにちは、ジャニスです。
マーケティングに関して気になるテーマを、学びながら紹介しています。

今回は、伝えたい情報を伝わりやすくするために、文章のユーザビリティを
取り上げたいと思います。

元の記事は、ユーザビリティの研究で有名なヤコブ・ニールセン氏の記事で、
この記事の内容を何回かにわたって、ご紹介致します。

元の記事:

Legibility, Readability, and Comprehension: Making Users Read Your Words
https://www.nngroup.com/articles/legibility-readability-comprehension/

Jakob Nielsen, Ph.D., is a User Advocate and principal
of the Nielsen Norman Group which he co-founded
with Dr. Donald A. Norman (former VP of research at Apple Computer).
Dr. Nielsen established the "discount usability engineering" movement
for fast and cheap improvements of user interfaces and
has invented several usability methods, including heuristic evaluation.
He holds 79 United States patents, mainly on ways of making
the Internet easier to use.
https://www.nngroup.com/people/jakob-nielsen/

Jakob_1

===ここから===

ウェブサイトのビジュアルデザインは会社がオンラインでどう見られるかに
影響しますが、サイトの文章はオンライン上で会社がどう思われるかに繋がります。

声のトーンや、素晴らしい内容はインターネット上のコミュニケーションにおいて
非常に重要です。
しかし、ユーザがその文章を読まないのならば、何の意味もありません。

ユーザーエクスペリエンスの他の分野と同様に、コンテンツは
ユーザによるコスト‐ベネフィットの分析に耐えて、生き残らなければなりません。

コスト:あるウェブサイトを読むのにどのくらいの手間や苦労がかかるのか
ベネフィット:何が得られるのか、為になるのか

ウェブサイトは間違いなく、ユーザに何らかの価値を提供します。
しかし、ウェブサイトにおけるユーザの障壁を、出来る限り減らす必要があります。
この障壁は、判別性・可読性・理解しやすさの3つに分類する事が出来ます。

  • 判別性(視認性)

定義

コンテンツのユーザビリティで、最もレベルの低い検討事項。
文章の中の文字や単語を認識し、見分けることが出来るかどうか、という事で、
この判別性は、主に、ビジュアルデザイン、特にタイポグラフィによって、
決定づけられます。

判別性向上のポイント

フォントのサイズ

合理的な大きいフォントサイズをデフォルトとし、
ユーザがフォントサイズを変更できるようにしましょう。
小さい文字は、判別性を損ねます。
そして、悲しい事に年齢と共に低下していく人々の視力によって、
「小さい」という事が致命的になるという事を覚えておきましょう。

年配のユーザは、より大きなフォントサイズを望みますが、
若いユーザも、大きなフォントであれば目を細める必要がないので、
ありがたいのです。
(10代の若者などは、時にとんでもない姿勢でパソコンに向かっています)

背景とのコントラスト

背景と文字のコントラストを強めましょう。
文字の細かい部分を認識する妨げとなるため、ゴテゴテした背景や、
質感のあるものを避け、飾り気のないものを使いましょう。

フォントの種類

さっぱりしたフォントを使用しましょう。
現在の高解像度モニタであれば、serifタイプのフォントは
問題ありません。
しかし、特殊なフォントを使用すると、判別性が下がります。

判別性テスト

上記ガイドラインだけでなく、その他の成功事例にも
従っているのであれば、判別性のテストを実施する必要は無いでしょう。

通常のユーザテストでは、どこの箇所でユーザが見にくそうにしているか、
「分かりにくい」というような事を言っているか、見つける事が出来ます。
そのような事があれば、特殊な判別性テストを行う必要がありますが、
そうでなければ恐らく問題はありません。

判別性テストの主な方法は、ユーザに単純な文章を読んで貰って、
サンプル毎に1分間で何単語を読めるのか、読む速度を計測する事です。

また、読む速度は人によって実にバラつきがあるので、同じ被験者に、
複数のテストを実施するべきです。
もし、ユーザの平均の読む速度が、想定よりも20%遅ければ、
そのサイトには判別性の問題があるでしょう。

===ここまで===

判別性に関しては、日頃から無意識にも気を付けているかも知れません。
ここでは背景とのコントラストやフォントの選び方などが紹介されていますが、
日本語であれば、漢字の使い方などにも意識が向きますね。

また、判別性を客観的に測る方法を学べたのは、初心者の私としては
収穫でした。

大掛かりなテストは出来ないかも知れませんが、社内の数名にレビューを
お願いするなど、出来る事から少しずつ、ですね。

次回は可読性についてのポイントとテスト方法の解説を、ご紹介させて頂きます。

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

【第2回】可読性についての記事はこちらをご覧ください。
http://blog.uhero.jp/fae/2016/03/2-73be.html


ブランド力や信頼性を高めるサイト作りとは・・・
リード獲得(資料請求・予約)型サイトをお持ちの企業様向けの勉強会を予定しております

Banner_benkyokai_on_2

当社のサービスをご紹介致します
http://www.web-marketing.services/index.html

ウェブマーケティング厳選3資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html


執筆者プロフィール

【名前】
ジャニス

【経歴】
現在1児を育てながら、手探りでウェブマーケティングを担当しています。
子の親になって大酒飲みが治ったと思ったら、最近また復活の兆しが・・・(^^;
2016年は心を入れ替えて、もう少し全うな大人を目指しています

【性格】 
調子に乗りやすく面倒くさがりですが、基本的には嫌とは言えない、日本人に多いタイプだと思っています。 

【趣味】 
高校から、何とオーケストラでチェロを弾いています。

2016年2月19日 (金)

こんにちは。


「Googleアナリティクスを用いたアクセス解析のプロセス」をテーマに、
全6回シリーズで、ご紹介してまいりましたコンサルコラムも今回が最終回となります。

本日は、「まとめ」というと題名になっていますが、
あまり偉そうなことを言うのもいけないので、
私たちが日ごろ気を付けていることをメインにご紹介したいと思います。

それは、実行し継続することを大切にしたいと考えております。

Pdca_2

アクセス解析を実施するにあたって、

1つこれをやったからすべての問題が解決するといった
魔法の呪文は用意されていません。

慎ましやかでも、改善を繰り返すことが重要と考えています。

例えば、ランディングページを制作した際でも、
ローンチした後の反応を見て、少しずつでも試行錯誤を繰り返す。
そのことで、新しい気づきが得られるものと念頭に置き作業を進めています。

昔、「木を植えた男」というアニメーションを見ました。
これは、フランスの短編小説で、日本語にも翻訳されています。

一人の男が、荒れ果てた土地で、日々、木を植えるといった
目の前の作業を寡黙と続けていく。

うまくいかないことはあるが、至らなかった点を考えて、
打開する方法を模索する。

その結果、誰も寄り付かなかった荒野が、木々が豊かな森へと変貌していく様を
描写したストーリーです。

我々は、主人公ほど寡黙な作業を続けていけるかはわかりませんが、
ウェブサイトによる集客や、売上向上など、
目標に向けた日々の改善を繰り返していきたいと思っております。

ありがとうございました。


以前の記事はこちら

  1. 目的
  2. Plan
  3. Do
  4. Check
  5. Act

当社のソリューションをご紹介致します
http://www.web-marketing.services/index.html

ウェブマーケティング資料を無料でダウンロード頂けます
http://www.uhero.co.jp/service/fae/form/form.html

2016年2月18日 (木)

こんにちは!

ユヒーロでウェブマーケティング関連を担当している嶋田です。

数回にわたって、Neil Patel氏のブログより、興味深い記事をピックアップして、

こちらでご紹介していきたいと思います。

B7aa1677c1edd41f758d38f115aaf7df_m

今回は2015年12月19日に執筆された「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何だ?」の1.~6.のうち、導入~1.までをご紹介します。

【About Neil Patel】

The Wall Street Journal calls him a top influencer on the web, Forbes says he is one of the top 10 marketers, and Entrepreneur Magazine says he created one of the 100 most brilliant companies. He was recognized as a top 100 entrepreneur under the age of 30 by President Obama and a top 100 entrepreneur under the age of 35 by the United Nations.

「ランディングページコンバージョンが残念な場合に確認すべき要素は何? by Neil Patel」

(原文参照サイト:「Which Elements Should You Test When You Have Poor Landing Page Conversions?」

http://neilpatel.com/2015/12/19/which-elements-should-you-test-when-you-have-poor-landing-page-conversions/

チャートシートhttp://neilpatel.com/wp-content/uploads/2015/12/135-Which-Elements-Should-You-Test-When-You-Have-Poor-Landing-Page-Conversions.pdf

より)

---ここから---

ランディングページを作るのは、いたって簡単です。

コードの書き方なんて知らなくていいし、使っている背景色の心理的効果なんて
理解する必要もありません。

バラエティに富んだランディングページ作成ツールが手に入るし、無数のテンプレートが選べます。
更に課金すれば、単純にドラッグアンドドロップ機能を使って始めることができます。

ランディングページの運用はハードですが、きちんと担当者を置きさえすれば、
訪問者を動かすことができるでしょう。

ですから我々はいま、高いコンバージョンのランディングページを作成することは、
容易だと結論付けることができます。

いや、できますか?(できません)

ランディングページを作成する要素には、実に多くの組合せがあります。

そのスイートスポットを発見するに、コツが要るのです。

ニュースレターの加入者数または製品売り上げが、予想通りに増大しなければ、
すぐにあなたは問題だと認識します。

ではそのようにランディングページの目標が達成されない場合、
あなたには何ができるでしょうか?

第一印象は、最も重要です。

訪問者に明確な価値を示すために、滞在時間を20秒は確保しなければなりません。

ランディングページには、大抵、見込み客を離れさせるいくつかの共通要素があります。

本稿では、ランディングページのコンバージョンが残念な結果に
つながりかねない「6つの要素」を共有します。

そしてまた、あなたがそれらの問題を解決するのに役立つツールと戦略もご紹介します。

もしこれらの要素から問題の原因を疑ったなら、実際にテストしてみてください。

売上高を増やす準備はできていますか?

それでは早速、行ってみましょう。

(以下チャートシート http://neilpatel.com/wp-content/uploads/2015/12/135-Which-Elements-Should-You-Test-When-You-Have-Poor-Landing-Page-Conversions.pdf より)

  1. ウェブサイトのスピード

ローディングタイムが長くなってしまう3つの潜在的原因を探りましょう。

そしてあなたは、ウェブサイトの読み込みの高速化を可能にし、
コンバージョンを最大化する要素の最適な組み合わせを見つける事により、
戦略を考案することができます。


(1)格安ホスティングサービス

ウェブホスティング会社は、たくさんのウェブサイトを共有の安い
ホスティングパッケージに入れていて、 それがサーバー応答時間を遅くしています。

格安オプション(評判の良いもの)は、サイト立ち上げ時に限り、良いと思います。

しかしあなたのサイトが一度人気を獲得したならば、質素なホストを選んでいると、
見合った利益を得られないでしょう。

注:ホストにより多く費用をかける事が、必ずしもサイトの速度に
比例するとは限りません。
ある方は、ホスティングに1000$/月を払っていましたが、
Googleのサーバーネットワークのほうがより速くロードされ、
より多くのコンバージョンにつながりました。

(2)装飾的なスライダーとJavascript効果を使うこと

自動イメージ・スライダーまたは動くバナーを使う必要はありません。

ウェブサイト上の要素がロードタイムにどのように影響するかを確認するには「OctaGate SiteTimer(http://www.octagate.com/service/SiteTimer/)」が使えます。

その後、Javascriptのぜい肉を圧縮し、このツールのチュートリアルを
使用してデバッグすることができます。

(3)重くて多すぎる画像

画像の数が多いと、各ページの読み込み時に多くの要求がなされます。
それによりホストとユーザーのブラウザとの間に多くのラウンドトリップが
生じてしまいます。

画像の目的は、あなたがランディングページのコピーを介して
伝えたいメッセージを強化することであることを忘れないでください。

画像のロードタイムを短縮するためのテクニックとしては、
小さな画像群を一つにマージするCSSスプリットを作成することです。 

CSSができる人を雇うか、もしあなたがテクニカルニンジャであるなら、
「Compass」のようなツールで始められるでしょう。

あなたのウェブサイトについて詳細に分析したければ、
「Pingdom website speed test (http://tools.pingdom.com/fpt/)」の
ウェブサイトのスピードテストが使えます。
これはあなたのウェブサイトの速度を試験し、ロードタイムを修正する
提言を得るためのすばらしい手段です。

(参考)

ウェブサイトの読み込み速度を向上させるためのより多くのヒントはこちら(https://www.quicksprout.com/2012/09/20/how-to-make-your-site-insanely-fast/)から。

---ここまで---

ランディングページは言わずもがな重要ですよね。

自然検索での流入でも、有料検索からの流入でも、ニール氏も言及している通り、
「第一印象」が悪いとなかなかコンバージョンには結び付きにくいでしょう。

LPOについては様々な手法が既に紹介されていますが、
案外なかなか完璧に成功しているサイトというのは限られているのではないでしょうか?
(実際弊社サイトも胸を張れるものではございませんが、お見逃しください・・・(汗))

でも考えてみると、SEOや広告、MAツールなどを駆使して集客に成功したとしても、
ランディングページで直帰されてコンバージョンしなければ、集客にかけた費用は
すべて水の泡・・・という結果になってしまうのではないでしょうか。

サイトのユーザー導線を改善する施策は、集客と同じように、
もしくは先手を打ってやっておくべきことだろうな、と思っています。

サイトのコンバージョン導線の最適化やユーザビリティの向上を
目指したいが、ノウハウがない、リソースが足りないなどのご相談は、
ユヒーロのマーケティングチームにお気軽にご相談ください。

○ユヒーロ マーケティングサービスサイト
 http://www.web-marketing.services/index.html


以上、少しでも運用のご参考になれば幸いです。

Part.2は、こちら
http://blog.uhero.jp/fae/2016/03/by-neil-patelpe-47c7.html